トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

ニュース

「ようこそ、奏で舞う”雅楽”の世界へ」楽器・舞体験ワークショップ

2017年6月5日(月) 財団

「ようこそ、奏で舞う”雅楽”の世界へ 」

千年の時を越えて、今も受け継がれている雅楽。いにしえの響き、みやびな舞・・・時間や風土をふわりと飛び越えて、私たちを魅了してしまう雅楽の世界は、どんなものなのでしょうか!? 

”みたい、しりたい、やってみたい” あなたのために、国内外で幅広く活躍をしている雅楽アンサンブル伶楽舎(れいがくしゃ)をお招きして、こどもおとなも楽しめる気軽なレクチャーコンサートとワークショップを開催します。

昨年人気を博した「雅楽入門講座」に舞楽を加え、さらに充実した内容をお届けします!      

※レクチャーコンサート情報はこちら

 

楽器・舞体験ワークショップ

日時:201710月29日(日) 

            こども編 「午前の部」鑑賞~13:00 終了予定

    おとな編 「午後の部」鑑賞~16:30 終了予定

会場:住吉神社 能楽殿

講師伶楽舎(雅楽アンサンブル 

定員:各回20名(要申込み・応募多数の場合は抽選)

ワークショップの申込受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

  

さらに”やってみたい” あなたに・・・ 

レクチャーコンサート終演後、雅楽の楽器(笙・篳篥・龍笛)と舞が体験できるワークショップを開催します。

こども編とおとな編をご用意しました。

 

◎こども編  対象:小学4,5,6年生       参加費:800円

◎おとな編  対象:中学生以上            参加費:1,300円

※こども編は「午前の部」、おとな編は「午後の部」のコンサートに必ずご参加いただきます。

※参加費には、コンサートチケット・保険料が含まれます。

※能楽殿内は土足禁止のため、入口で靴を脱いでいただきます。

※出入口は階段のみで、全席桟敷席となっております。

※車いす等をご利用の方、足が不自由な方は、事前にご相談ください。  

 

定員:各回20名(要申込、応募多数の場合は抽選) 

応募締切:9月6日(水)必着 

 

応募方法

下記①~⑤をご記入のうえ、メール(ffac-04@ffac.or.jp)またはFAX(092-263-6259)でお申込みください。

①氏名(ふりがな)

②年齢(小学生は学年もご記入ください)

③住所、郵便番号

④電話番号(あれば携帯)

⑤メールアドレスまたはファックス番号

1件につき1名までご応募いただけます。 

※財団からの返信をもって申込み完了となります。3日以上返信がない場合は、お手数ですがご連絡ください。

※お申込みいただいた方への参加可否通知については、9月中旬を予定しています。

※参加者以外の付き添いや見学はご遠慮ください。 

※お申込みいただいた個人情報は、本事業の実施および(公財)福岡市文化芸術振興財団の事業案内に使用させていただきます。

  

【伶楽舎(れいがくしゃ)】 

雅楽演奏グループ。音楽監督・芝祐靖。1985年発足当初より、現行の雅楽古典曲以外に、廃絶曲の復曲、正倉院楽器の復元演奏、現代作品の委嘱と演奏に積極的に取り組み、国内外で幅広い活動を展開している。古典曲、復元曲、武満徹などの現代曲のCD録音多数。Eテレ「にっぽんの芸能」「スコラ 坂本龍一音楽の学校」など、テレビ出演もしている。親しみやすいレクチャーコンサートやワークショップを全国で実施し、雅楽の普及に努めている。 

伶楽舎Facebookはこちら

 

【アクセス】

住吉神社 能楽殿

〒812-0018福岡市博多区住吉3丁目1-51 

◎ JR博多駅・地下鉄博多駅より徒歩約10分

◎西鉄バス「住吉」下車、徒歩約2分 

※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。 

 

「住吉神社 能楽殿」 とは・・・

1938年、福岡や北九州の経済界や能楽愛好家有志の寄付によって、住吉神社境内に建てられた、福岡市有形文化財指定の貴重な文化施設です。

 

主催:(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市

協力:住吉神社

後援:福岡市教育委員会

平成29年度福岡市民芸術祭参加 

 

 

写真提供:伶楽舎、住吉神社 


機関紙 wa 最新号のご案内
ミュージアムグッズ
賛助会「わの会」
アート活動をささえるあなたの寄付を募っています。
メールマガジン
プレスリリース
チケット購入
文化芸術情報館アートリエ
WEB ARTLIER