トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

ニュース

現代能楽集「竹取」福岡公演関連企画『小野寺修二&カンパニーデラシネラワークショップ』

2018年6月1日(金) 財団

マイムをベースにした身体訓練や、喋らない時の身体のありよう、そしてただ立ってみる、歩いてみる、喋ってみる稽古をします。何が格好良くて何が格好悪いのか、身体を動かすことに苦手意識のある方、その苦手がどこからくるか探ってみませんか。

【演出家・カンパニーデラシネラ主宰 小野寺修二】


「竹取」福岡公演に先がけて小野寺修二さんによるマイムをベースにしたワークショップを実施します。今回ふたつの福岡特別メニューをご用意しました。

身体についてより深く考える【経験者向け!】

マイム体験からはじめてみる【どなたでも!】

どちらも身体の可能性を広げる絶好の機会!皆さまのご参加をお待ちしております!!

▼申込:http://www.ffac.or.jp/taketori

募集チラシ


▼日程

【経験者向け!】7月12日(木)19:30~21:30

【どなたでも!】7月13日(金)19:30~21:30

▼場所 なみきスクエア 大練習室

▼講師

小野寺修二(カンパニーデラシネラ主宰/演出家)

カンパニーメンバーの藤田桃子、大庭裕介、崎山莉奈もワークショップに参加します。

▼対象

【経験者向け!】

 福岡・九州を中心に活動する俳優、ダンサー等(18歳以上。プロ・アマ問わず)

【どなたでも!】

 身体や舞台作品に興味がある小学生以上(18歳未満の参加者は要保護者同伴)

▼定員:各回とも20名程度(※定員に達し次第受付終了)

▼参加費:各回とも1,000円


▼申込

WEB:特設サイトより

メール:ffac★ffac.or.jp(★を@に変換して送信してください)

件名「小野寺WS」とし(1)~(6)をお知らせください。

(1)参加希望日 (2)お名前(フリガナ)(3)電話・メールアドレス等

(4)年齢 (5)所属劇団・団体、近年の活動歴(任意) (6)ひとこと

※個人情報は本事業の実施のみに使用します。


▼受付:6月1日(金)~7月6日(金) 

   ※定員に余裕があるときは締切日以降も受付


▼小野寺修二(おのでらしゅうじ)プロフィール

演出家。カンパニーデラシネラ主宰。日本マイム研究所にてマイムを学ぶ。パフォーマンスシアター水と油にて活動し、文化庁新進芸術家海外留学制度研修員として渡仏。帰国後、カンパニーデラシネラを立ち上げる。マイムの動きをベースに台詞を取り入れた独自の演出で注目を集めている。第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞。2015年度文化庁文化交流使。今年10月に演出作『竹取』福岡公演予定。https://derashinera.jp/


お問合せ:(公財)福岡市文化芸術振興財団 092-263-6265(平日10時~17時)


主催:(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市 

協力:世田谷パブリックシアター、カンパニーデラシネラ

後援:福岡市教育委員会

助成:(一社)全国モーターボート競走施行者協議会、(一財)地域創造、

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

機関紙 wa 最新号のご案内
ミュージアムグッズ
アート活動をささえるあなたの寄付を募っています。
メールマガジン
プレスリリース
チケット購入
WEB ARTLIER