トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

ニュース

新型コロナウイルスの影響に対する支援情報【3】活動継続・再開に役立つヒント集

2020年7月9日(木) 財団


『疎』しあえるディスタンス(「三密」回避の活動例)

全国各地で行われている「三密」を回避し(または逆手にとって!?)、舞台公演や展示についてご紹介いたします。もちろん動画配信例も載せたいところですが、なるべくアナログな方法に目を凝らし、アンテナを張り巡らせてまいります。

※すでに公演や展示等が終了している場合もありますので、ご注意ください。
※事業コーディネーターが持つアンテナの感度にも限界があるので、、、「こんな活動あります!」という情報がありましたら是非ともお寄せください。情報提供はコチラから。

【2020年7月09日更新】


【演劇】ペイパーピーポーの募集@まつもと市民芸術館

再開したプロ野球やJリーグの客席をサポーターの看板(?)で埋めている光景を良く眼にします。こちらはその演劇版。もしかしたらそんな試みは各地でスタートしているかもしれませんが、ネーミングが素晴らしいので紹介します。ネーミングだけではありません。段ボールという手作り感ある素材選び、人型段ボールを劇場で準備しているという心意気も素敵です!

https://www.mpac.jp/join/35011/


【トークイベント】ネットTAM「コロナ下で社会をどう眼差すか?-芸術文化活動の今後に向けたヒント」

アートマネジメントに関する総合情報サイト「ネットTAM」のオンラインイベント第1弾。今回はCOVID-19によって大きく(そしてすごい速度で)変化していく社会情勢の中、芸術文化の再開に向けた課題や可能性について探り、どういう社会を眼差すのかを考えるトークイベントです。開催中には登壇者への質問やご意見を受け付ける双方向型のトークイベントになります。

▼日時:2020年7月22日(水)15:00-16:30

▼出演:

 吉本光宏 氏[株式会社ニッセイ基礎研究所 社会研究部芸術文化プロジェクト室 研究理事]

 若林朋子 氏[プロジェクト・コーディネーター/立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授]

 布垣直昭 氏[トヨタ自動車株式会社 社会貢献推進部 部長 トヨタ博物館 館長]

▼ライブ配信視聴方法:YouTubeライブ

トーク詳細はこちら。


【文学】「仕事本 わたしたちの緊急事態日記」

緊急事態宣言が発出された4月。コロナ禍で生活が一変したパン屋、ミニスーパー店員、惣菜店店主、専業主婦、タクシー運転手、介護士、留学生、馬の調教師、葬儀社スタッフと全60職種77人の方々の日記アンソロジーです。福岡のお惣菜屋さんの日記も掲載されています。書籍の情報はこちら。


【社会包摂】九州大学ソーシャルアートラボ「演劇と社会包摂」制作実践講座

支援/被支援の境界を越えて気づきを生み、参加者が自身の活動に活かしていただくことを目指してきた「演劇と社会包摂」制作実践講座…と書くとムズカシソウですが、今回はオンラインならではのハプニングやトラブルを偶然起こったおもしろさを表現へと変換し、あらたな表現方法の可能性を探る刺激的な時間となっています。

はたして境界は交わるのか広がるのか…7月18日に開催されるオンラインワークショップでうまれる奇想天外な瞬間を体感してみませんか。障がい・ケア・表現の観点から語り合うオープンディスカッションも同日開催。

各情報については下記リンク先よりどうぞ!

オンラインワークショップ「それぞれの日常を交換する」

オープンディスカッション「オンラインで知り合う身体」

※福岡市文化芸術振興財団は共催として関わっています。


【演劇】47都道府県戯曲リレー『だれかれかまわず』オンラインリーディング

長崎の劇団ヒロシ軍・荒木宏志さんのとあるつぶやきからはじまり、1人1ページ、24時間以内投稿、47都道府県の劇作家による戯曲リレー。4月14日スタート、そして5月30日に完走し、話題となった作品のオンラインリーディングが開催されます。
7月4日(土)第1部 14時開演/第2部 17時開演。


【劇場】大阪・インディペンデントシアターPresents「新型コロナ対策マナームービー」

大坂の演劇シーンをリードする劇場・インディペンデントシアターが、来場者向けのマナームービーを配信しています。

映画の前にはよくみる映像が、そういえば演劇にはなかったような…。各地の劇場がマナームービーを作る日がやってくるかもしれません。

キビるフェス2019にご参加の彗星マジックの皆さんも出演!


【再開の取組紹介】連続公開ヒアリング(YouTubeライブ配信)

日本芸能実演家団体協議会 (芸団協)さんによる、ジャンルを超えて公演再開づくりに模索している状況を共有するため、様々な分野のゲストをオンラインでつなぎ、連続公開ヒアリングを実施。YouTubeLIVEで配信するほか、約1か月程度アーカイブにて公開。

ゲストへのご質問も受け付けているそうです。

【第1弾】7/1(水)15:00-16:00・舞踊/伝統芸能

 ≪バレエ≫ 日本バレエ団連盟 小林健太さん

 ≪能楽≫ 能楽協会 観世喜正さん


【演劇】「未開の議場オンライン 沖縄・九州ver.」公演動画配信中

新型コロナウィルスの影響により、劇場での演劇公演は大打撃を受けました。
して緊急事態宣言発出のさなかいち早くオンライン上での演劇公演を行い、注目を浴びた「未開の議場オンライン」。作・演出の北川大輔さんの呼びかけに応えた有志によって上演され、日本語版、英語字幕版合わせて総再生回数15,000回を記録。オンライン演劇の草分け的存在と言われる。
そんな話題の「未開の議場オンライン」が福岡の劇団、万能グローブガラパゴスダイナモス主宰・椎木樹人さんを発起人とした九州バージョン上演のプロジェクトが立ち上がりました。公演は終了し、YouTubeで公演初日と千穐楽の動画が配信されています。

「未開の議場オンライン」ホームページ https://mikaionline.jimdofree.com/


【演劇】配達演劇「THEATRE A/WAY(シアターアウェイ)」

『やっぱり演劇は生がみたい』という想いのもと、注文者に生の演劇をお届けするプロジェクトが始動しています。

今は検証を重ねている状況とのことです。

先日行われた検証プレ公演の様子などはHPをご覧ください。


【美術】世田谷美術館「作品のない展示室」

1986年に開館した世田谷美術館は、開放的な空間をもち、美術の展示・収集・保存だけでなく、音楽や演劇などのパフォーマンスも交差する施設としても機能してきました。窓を通して広がる緑豊かな景色を眺めながら(リンク先にその風景をみることができます)、これまで、そしてこれからの展示室へと思いを馳せるような試みです。

期間は7月4日(土)~8月27日(木)、入場は無料です。

https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00203


【オペラ】ドイツ・オペラ座 屋外公演 会場は駐車場!?

ドイツでの活動を紹介します。ドイツ・オペラ座の公演会場は何と駐車場。そこに感覚をとった座席が設置され、駐車場にある屋根部分が舞台に!ワーグナー作曲『ラインの黄金』の短縮版が上演されました。今だからこそ観られる上演かもしれません。



【美術】「不在通知 カミイケタクヤ展」(終了しています)

主人のいない無人のアトリエをたった一人の鑑賞者が作品を鑑賞するというものです。
『見に行きたくても見に行けない状況』を逆手にとった発想が斬新!(コロナ前から考えていたようです)。

内容についてはこちらのnoteの記事が詳しいそうなのでご確認ください。

カミイケタクヤさんのHPはこちら
https://www.kamiike.info/


【そのほか】ソーシャルディスタンスへの工夫

中国での小学校での試みです。昔の中国の官僚が密談をしないために帽子でソーシャルディスタンスを保つようにしていた、というのはとても興味深いですね。
フランスではこのことにヒントを得てかどうかわかりませんが、ギャラリーでこの帽子をかぶりながら会話を楽しむというニュースが出ていました(ネット上では拾えず)。

https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52290409/


■クラウドファンディングの紹介 【2020年6月30日更新】

クラウドファンディングとは…
群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、活動や想いに共感した人、活動を応援したい人から資金を募るしくみのことです。
ここでは、文化芸術に関するクラウドファンディングのご紹介をさせていただきます。文化芸術活動を支援したい方、またはこれからクラウドファンディングを始めたい方もどうぞこのサイトをご活用ください。

※既に終了しているものもございますので、予めご了承ください。
※このクラウドファンディングも掲載してほしい!というお声がございましたらお寄せください。情報提供はこちら


 ★ 応援したい方  ★

カテゴリーやジャンル、地域などから、様々なプロジェクトをご覧いただけます。
(※文化芸術以外のプロジェクトの掲載も含む)

★MOTION GARALLY ⇒https://motion-gallery.net/

★REDYFOR株式会社 ⇒https://readyfor.jp/art

★FAAVO福岡 ⇒https://faavo.jp/fukuoka

★A-Port ⇒https://a-port.asahi.com/categories/TraditionalCraft/

★idea market ⇒https://idea-yomiuri.en-jine.com/project_tags/culture

★Good Morning ⇒https://camp-fire.jp/goodmorning/projects

★CAMPFIRE ⇒ https://camp-fire.jp/projects/category/dance

★劇団風の子九州 ⇒ https://www.kazenoko-kyushu.com/goshien


 ☆ 始めたい方  ☆

クラウドファンディングをこれから始めたい方または検討中の方は、こちらのサイトをご覧ください。各サイトの相談窓口もございますので、是非ご活用ください。

CAMPFIRE  ⇒https://camp-fire.jp/goodmorning/readyfor 

         ⇒ https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/360040309611 
                                    新型コロナウィルスサポートプログラム有

A-Port     ⇒https://a-port.asahi.com/start/

idea market https://idea-yomiuri.en-jine.com/project_proposal

REDYFOR株式会社 ⇒https://readyfor.jp/proposals/intro



■オンライン会議システムの使用方法ご紹介


新型コロナウイルス感染拡大の影響下にあって、アーティストの皆さんは、公演はもとより稽古、対面レッスン・ワークショップもできない状況が続いています。そのような中、新たな試みとして、オンラインでの打ち合わせやレッスンを取り入れたいと思われている方も多く、そのオンライン会議システムの使用方法についてご質問が寄せられていますので、よく使われている「
Zoom」を代表例としてご紹介します。


◎Zoom(ズーム)
 
 
最近、頻繁に耳にするZoomの一番の特徴は、パソコンやスマホがあれば、URLを共有するだけで簡単にオンライン会議ができることです。また、会議やレッスンの模様や音声を記録保存することができ、基本プランは40分まで無料で、最大100人まで接続可能です。また、月額2,000円(税抜き)を支払いプロプランに申し込むと、24時間連続で使用できる等、使える機能が向上します。(契約は年単位です)

zoomでミーティングに参加する方法など、画像つきの詳しいガイドはこちらから。
https://symphonict.nesic.co.jp/workingstyle/zoom/host/


こちらは、YouTube動画で仕組みから使い方まで丁寧な解説つきです
https://www.youtube.com/watch?v=T_oVAW2L-iI&feature=youtu.be


Zoom
公式HPはこちら:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 

◎Zoom以外の主なオンライン会議システム

Microsoft Teams(チームズ)

URL: https://products.office.com/ja-JP/microsoft-teams/group-chat-software
Microsoftが運営する「Office365」のチームコラボレーションサービス。
料金は機能制限ありで無料。Microsoft365のユーザーに含まれる。


Skype Meet Now

URL:https://www.skype.com/ja/free-conference-call/
「無料・アカウント不要・アプリインストール不要」のWeb会議システム
1クリックでオンライン会議ができる。


Google ハングアウト
URL:https://hangouts.google.com/
Googleが提供するコミュニケーションツール。
チャット、グループでのビデオ通話(同時に最大10人まで)などが無料で利用可能


Google Meet

URL:https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/meet/
Google ハングアウトのビジネス版。GSuite 内で利用すれば無料。
100人以上の同時接続が可能。

機関紙 wa 最新号のご案内
ミュージアムグッズ
アート活動をささえるあなたの寄付を募っています。
メールマガジン
プレスリリース
チケット購入
WEB ARTLIER