トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

ニュース

【受付終了】ドラン馬頭琴楽団 アンサンブルコンサート 開催のお知らせ

2022年4月13日(水) 財団

ドラン馬頭琴 アンサンブルコンサート

 内モンゴル出身で福岡を拠点に活動している馬頭琴奏者ドランさんを中心に結成された『Doran馬頭琴楽団』のミニコンサート。2019年秋に続いて2度目の登場となる今回は、アルゼンチン出身のギタリスト、レオナルド・ブラーボさんをゲストメンバーに迎え、趣の異なるコンサートをお届けします。国籍も楽器も違うメンバーが ”フォークロア”(民俗音楽)で繋がり、それぞれが母国を想う気持ち、民族平和への願いや自然への敬意を込めて奏でます。     

 会場となる福岡アジア美術館では「モンゴル美術の50年」展も開催されています。広大な草原が広がる国モンゴルの音楽やアートに触れて、さわやかな初夏の一日を過ごしてみませんか? 





【日 時】 2022年5月29日(日)15:00開演 (14:30開場)
【場 所】 福岡アジア美術館 7階アートカフェ

【料 金】 無料(要事前申込み制)
【定 員】 80名程度  
    
【出   演】 ドラン馬頭琴楽団レオナルド・ブラーボ(ギター)













    
  ドラン/プロフィール:2003年来日、2016年から九州馬頭琴文化館を開館、楽器の歴史が分かる展示や教室、ショップ、レストランなどの運営をしながら、全国で演奏会を開催するなど、馬頭琴音楽の発展に力を注いでいる。




 レオナルド・ブラーボ/プロフィール:アルゼンチンが世界に誇るギタリスト。 国立ロサリオ大学芸術学部音楽学科修了。ギタリスト、作曲家として数々の賞を受賞。演奏家としてアルゼンチンを始め南米、北米、ヨーロッパでコンサートを行う。03年来日、04年に日本デビューリサイタル、翌05年ギターソロのコンサートツアーを行い高評を博する。国内でギターソロ、デュオやアンサンブルで演奏を行う他、アジアを中心に北米、南米の国々で活動を展開する。レパートリーはクラシック、アルゼンチンタンゴおよびフォルクローレ。とりわけ祖国の音楽であるタンゴ、フォルクローレに造詣が深い。

締め切りました 【申込方法】応募フォームからご応募ください。 ⇒こちら    
 
【申込締切】5月15日(日) (応募多数の場合は抽選)
 ※フォームからの自動返信をもって受付完了とします。
(自動返信が届かない方は、迷惑メールとして受信しているか、メールアドレスの入力間違いの可能性がございます。)
 ※お申込者を含め4名まで同時にお申込みできます。

🔶ご来場にあたっての注意事項🔶
 (1)入場・観覧に当たっては、必ずマスクを着用ください。
 (2)ご来場の際は、手指の消毒および検温にご協力をお願いします。感染の疑いのある方のご入場はお断りすることがあります。
 (3)無料駐車場はありませんので、公共交通機関等をご利用ください。
   (4)本イベント参加申込みに頂いた個人情報は厳重に管理し、当該事業および財団からのご連絡以外の目的には使用しません。
 イベント終了後、しかるべき時期に適切に処分いたします。


【主催】(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市 【共催】福岡アジア美術館
【お問合せ】(公財)福岡市文化芸術振興財団  TEL 092-263-6265 (平日9:30~17:00) 

 ※本イベントは、福岡県の定める「イベント開催時に必要となる感染防止策」に従い実施いたします。


機関紙 wa 最新号のご案内
ミュージアムグッズ
アート活動をささえるあなたの寄付を募っています。
メールマガジン
プレスリリース
チケット購入
WEB ARTLIER