トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

ニュース

令和5年度FFACステップアップ助成プログラム採択事業  音楽×詩×絵 「うたが生まれるとき」コンサート開催のお知らせ

2024年1月25日(木) 財団

令和5年度FFACステップアップ助成プログラム採択事業

音楽×詩×絵

「うたが生まれるとき」コンサート

が、開催されますのでご紹介します。


<主催者からのコメント>

こんにちは。詩のソムリエです。

福岡のみなさまに、素敵なお知らせです!

2月のはじめ、春があちこちで生まれる頃。

作曲家・ピアニストの吉岡愛梨さん、ライブペイントの河合愛さんをお招きして、詩を楽しむコンサートをひらきます。

わたし・詩のソムリエがセレクトした、美しい春の詩たち。

その詩に触発されて、愛梨さん、愛さんからとび出す音や絵。

とちゅうから、参加者のみなさんも巻き込んで…どんな春のひとときが生まれるでしょう?

ライブ・ワークショップ融合型の新しいステージです。

場所は、筥崎宮にほど近く、アットホームな雰囲気が魅力的な「もも庵」さん。コンサートの前に、参拝やお散歩もおすすめです◎


【日時】2024年2月11日(日)

13時30分受付開始 14時〜コンサート

【会場】 もも庵 *クリックでHPに飛びます 

(福岡市東区箱崎1-43-18-2F)


【料金】

大人料金:2000円(事前予約)2500円(当日)

中学生以下:1500円(事前予約)2000円(当日)

お子様の参加:可。(申し込み時に年齢をお知らせください)

*未就学児さんは、お膝の上無料 or 席確保1000


【申込み方法】

申し込みフォームに入力ください クリックで飛びます


プログラム

出演者:渡邊めぐみ(詩)、吉岡愛梨(作曲・ピアノ演奏)、河合愛(ライブペインティング)

1)花が降ってくると思う(八木重吉)

2)潮音(島崎藤村)

3)豚(八木重吉)

4)陽炎(八木重吉)

5)わたしはたねをにぎっていた(山村暮鳥)

6)La Lumiere(オリジナル)

〜交流(一緒に詩を感じ、音と色に触れてみよう!)〜


アフタートークなども企画中!詳細はinstagram(@megumi_watanabe_poetry

またはnotehttps://note.com/poezio_shokudou)にてお知らせします。


出演者プロフィール


◆吉岡愛梨(ピアノ演奏・作曲)
九州作曲家協会 事務局長/日本作曲家協議会 会員/大分県音楽協会 会員/NPO法人大分音楽療法研究会 会員/地域音楽コーディネーター / FMさいきパーソナリティー 大分大学大学院修了。東アジア現代音楽作曲コンクールなど入賞経験多数。現在は、バレエ音楽、室内楽、ソロ曲などプロへの作編曲提供を中心に、佐伯市こども・市民ミュージカルの楽曲制作及び編曲ならびに歌唱指導、市内の合唱団への楽曲提供など、地域に密着した音楽活動も行う。また、カナダのバングーバーで開催された音楽祭に参加するなど、海外でも活動している。

◆渡邊めぐみ(詩のセレクト・朗読)
東京大学大学院で日本の戦後詩を研究、ベネッセコーポレーションにて教材開発。特定非営利活動法人芸術資源開発機構ARDAにてファシリテーション技法を学び、詩になじみのない人へのワークショップを企画・実施多数。

◆河合愛(ライブペインティング)
イラストレーター/チョークアート作家 レッスン、ライブペインティング、講師、アーティストとして幅広く活躍。


【問い合わせ】
megwatanabe7@gmail.com(渡邊)

主催:渡邊めぐみ 共催:吉岡愛梨、河合愛

後援:福岡市、(公財)福岡市文化芸術振興財団

助成:(公財)福岡市文化芸術進行財団「FFACステップアップ助成プログラム」

機関紙 wa 最新号のご案内
ミュージアムグッズ
アート活動をささえるあなたの寄付を募っています。
メールマガジン
プレスリリース
チケット購入
WEB ARTLIER