トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

レポート

金印講座 講話「金印のひみつ」

2013.02.15 

福岡市博物館に所蔵されている国宝「金印」。
どれくらいの大きさか、この印の役割をご存知ですか?

「金印のひみつ」と題し、講話を行いました。

1番に来られた方は開始2時間前。
お席を50席から急遽70席に増やしたのですが、30分前には既に満席に。
想定以上の約150名の方にご参加いただきました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
メモを取られる方、最初から最後まで立ち見でお聞き頂いた方・・・
金印の知名度と、みなさんの関心の深さに改めて驚きました。

002.JPG

008.JPG


■講師:福岡市博物館教育普及専門員
■料金:無料(事前申込み不要)


配布しました資料の答えです↓

2.金印の姿
鈕(つまみ)の動物は何? [   蛇  
印面の一辺の長さは?   [  2.347 ]cm
    金印の重さは?       [ 108.7 ]g
    金の純度         [ 95.1 ]重量%        [ 22 ]K

3.金印に彫られた文字
彫られている文字数は?  [ 5  ]文字

4.金印と古代中国の印綬制度
鈕の動物・・・
[  ]草原地帯・騎馬民族
[ 駱駝 ]砂漠地方のオアシスにある国
[  ]南方の稲作の盛んな地方
[  ]皇帝の親族や直属の巨下

5.古代印の役割
現代は「親展」と「緘封印」、古代は[  封泥
    ヨーロッパでも封書やワインを封印するのに[ 封蝋(蠟) ]を用いる。

開催日時 2013年2月15日(金) 13:30~
会場 福岡アジア美術館 彫刻ラウンジ
事業一覧
事業レポート
機関紙 wa 最新号のご案内
ミュージアムグッズ
賛助会「わの会」
アート活動をささえるあなたの寄付を募っています。
メールマガジン
プレスリリース
チケット購入
文化芸術情報館アートリエ
WEB ARTLIER