トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

レポート

【芸術交流宅配便】「ルードバルス軽音楽ワークショップ」レポート

2012.11.13 

アコーディオン:新井武人  コントラバス:脇山拓 
クラリネット:井上高志    パーカッション:Rieko

 

ルードバルスとは、フランス語で「ワルツ通り」という意味。
その名の通り、小粋で軽快な音楽を奏でるこのユニットは、アコーディオンを
リーダーに楽しいワークショップを実施しています。

11月13日(火)は老司小学校、12月5日(水)には西長住小を訪問。会場の
体育館は12月ともなると冷え込んでとっても寒かったのですが、子供たちは
元気いっぱい、ワークショップを楽しんでくれたようです。

 

演奏.JPG

ルードバルスの皆さん。まずは軽快なナンバーを
演奏します。

 

パーカッション.JPG

パーカッションにも色んな種類があります。(中央右)
一見ただの箱のようですが、立派な打楽器なのです!

 

クラリネット.JPG

クラリネットって、こんな楽器! 木でできています。
三択クイズ(プラスチック・木・鉄)では、「木!」と
正解できた児童が多かったです。みんな、興味深々!

 

 

楽器の指導.JPG

楽器の体験コーナー。それぞれ試したい楽器の前に、
子供たちが並びます。

 

楽器の指導3切り抜き後.jpg

右側のユニークな楽器、見た目のとおり
「ウォッシュボード」(日本語で洗濯板)
といいます。かき鳴らすために、特別な
指ぬきを装着して演奏。子供たちの人気
をさらっていました!

 

そのあと、ルードバルス版アレンジの校歌を披露、みんなで歌ったり、
ポップな曲に合わせて全員でレッツダンス! 

リーダーの新井さんは、「音楽を思い思いに楽しんでほしい」と言います。
文字どおり、音楽の楽しさを満喫できたワークショップでした。

事業一覧
事業レポート
機関紙 wa 最新号のご案内
ミュージアムグッズ
賛助会「わの会」
アート活動をささえるあなたの寄付を募っています。
メールマガジン
プレスリリース
チケット購入
文化芸術情報館アートリエ
WEB ARTLIER