トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

レポート

アートリエ ラウンジ・コンサート vol.9

2016.01.18 

文化芸術情報館アートリエがお届けする室内楽の人気シリーズ「ラウンジ・コンサート」。リニューアル後9回目となる今回は、福岡アジア美術館で開催中の展覧会「日韓近代美術家のまなざし ―『朝鮮』で描く」に合わせて韓国よりヴィオラ奏者をお迎えし、特別バージョンでお送りしました。


今回、韓国の素晴らしい音楽家をご紹介すべくソウルよりお招きしたのは、世界各地の室内楽音楽祭に数多く出演されているヴィオラ奏者のチェ ウンシク氏。当コンサートのコーディネーターを務める大山平一郎氏の教え子であるということで、特別に友情出演して下さいました。冒頭のトークコーナーでは、大山氏と韓国との縁、チェ氏が大山氏に指導を受けた当時の印象など貴重なお話しも。また、途中で展覧会を主催する福岡アジア美術館のラワンチャイクン学芸員も加わり、音楽と美術の関わりについてなど興味深いトークが繰り広げられました



1曲目は、フンメル作「ヴィオラ2本とチェロの為のトリオ ト長調」。大山氏曰く、九州初演かもしれない大変珍しい曲だそうです。チェ氏、大山氏、ラウンジ・コンサート初登場の長谷川彰子氏のトリオによる息の合った演奏に、ご来場の皆様から大きな拍手が送られました。



続くブラームス作「弦楽五重奏第2番 ト長調 作品111」では、お馴染みの大山佳織氏、2回目の出演となる緒方愛子氏も加わり、迫力のある演奏が披露されました。



http://artlier.jp/events/detail678.html

開催日時 2016年1月18日(土) 18:00~19:30
会場 福岡アジア美術館7階 彫刻ラウンジ
主催等 主催:(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市
共催:福岡アジア美術館
事業一覧
事業レポート
機関紙 wa 最新号のご案内
ミュージアムグッズ
賛助会「わの会」
アート活動をささえるあなたの寄付を募っています。
メールマガジン
プレスリリース
チケット購入
文化芸術情報館アートリエ
WEB ARTLIER