トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

レポート

ようこそ、奏で舞う“雅楽”の世界へ レクチャーコンサート「雅楽入門講座」&楽器・舞体験ワークショップ

2017.12.11 

ようこそ、奏で舞う“雅楽”の世界へ

レクチャーコンサート「雅楽入門講座」&楽器・舞体験ワークショップ 

 

日時:2017年10月29日(日)※開場は開演の30分前

    午前の部 11:00開演

    午後の部 14:30開演

会場:住吉神社 能楽殿

演奏・解説:伶楽舎(れいがくしゃ)

主催:(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市

協力:住吉神社

後援:福岡市教育委員会 

平成29年度福岡市民芸術祭参加、博多秋博

 

 

(公財)福岡市文化芸術振興財団では、市民の皆さまが気軽に参加し、日本に根付く伝統芸能の魅力を再発見できるような事業を展開しています。今年度は、昨年人気を博した「雅楽入門講座」に舞楽を加え、より充実した内容をお届けしました。 

台風の影響が心配されましたが、当日は無事に公演を行うことができ、多くのお客様にご来場いただきました。 

 

 

レクチャーコンサート「雅楽入門講座」では、楽器や曲目の紹介を交えながら、伶楽舎の演奏を聴いていただきました。「解説を聞いてから演奏を聴いたら、きこえ方が変わった!」という感想もたくさんいただきました。

 また、小学4,5,6年生を対象とした「こども編」、中学生以上の「おとな編」に分かれて、楽器と舞を体験できるワークショップも行いました。伶楽舎のメンバーから直接、笙・篳篥・龍笛の扱い方や演奏の仕方を習い、いざ演奏!

その後は、能楽殿の客席で舞を習い、最後は伶楽舎の演奏に合わせて、能舞台で舞う参加者の皆さま。素敵でした!

 

 

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

今後も伝統芸能をより多くの皆さまが親しめるような機会をつくっていきたいと思っております。    

 

<プログラム> 

ひょうじょうのねとり えてんらく

「平調音取、越天楽」

ばんしきちょうのねとり えてんらく

「盤渉調音取、越天楽」

 せいがいは

「青海波」

ぶがく らんりょうおう

 舞楽「蘭陵王」 

 


お客様アンケートより


・能楽堂に入る事自体が初めてで、とても素敵な雰囲気を味わせていただきました。生で雅楽を聞き、舞を見る事も初めてで、その迫力を十分に楽しめました。説明の方の話もとてもわかりやすく、よい時間を過ごす事ができました。

・楽器のことや楽譜のことなど、初めて触れてみて興味深かったです。中でも、越天楽が調によって季節を表したり、同じ曲とは思えないくらい表現が違っていて感動しました。

・時間が短かったですね。今度は本格的な演奏を。「青海波」の舞が見たいです。

・説明がわかりやすかった。楽しかった。譜読み、おもしろい。雅楽を日常でも聞きたいと思いました。

・ががくをはじめてしった。やってみたくなった。ひちりきは小さいのに音がすごかった。

・こわかったけど、「しょう」というがっきの音がうつくしかったです。  

事業一覧
事業レポート
機関紙 wa 最新号のご案内
ミュージアムグッズ
アート活動をささえるあなたの寄付を募っています。
メールマガジン
プレスリリース
チケット購入
WEB ARTLIER