トップページ 財団について 事業一覧 お知らせ 賛助会「わの会」 活動支援 Q&A

レポート

第54回福岡市華道展

2021.02.16 



 54
年の歴史を誇る福岡市華道展は、様々な流・会派の作品が一堂に会する「いけばなの祭典」で、各流・会派の個性や表現を一度に鑑賞できます。

 54回展では、前後期合わせて138点の作品を展示し、期間中、照明を落とした空間で普段と異なる雰囲気が楽しめる「ダウンライトタイム」を実施しました。

 また、今回は、インスタグラムによる情報発信や、アトリウム会場の生け込みを「公開制作」として作品が出来上がる過程もみていただく取り組み、新型コロナウイルス感染症対策の最前線で働く医療・介護従事者への感謝の気持ちを表す「青色」の花を使った作品の展示と「ありがとう基金」の募金も行いました。


【参加団体】20流・会派(50音順)

❖池坊 ❖いけばな叢生会 ❖いけばな那能津会 ❖一草流瓶花 ❖小原流  

❖花芸安達流 ❖華道専正池坊 ❖凰馨流 ❖古流松藤会 ❖嵯峨御流 

❖新池坊 ❖真生流 ❖清徳池坊 ❖成和御流 ❖千家古儀 ❖専心池坊 ❖草月流 ❖草真流 ❖東山流 ❖大和池坊


○アクロス福岡2階交流ギャラリー

                          

季節の花を使用した古典的な作品や、様々な花材を使用した斬新な作品など会場内はまさに百花繚乱!


子どもたちの生き生きとした作品も並びました。

ダウンライトタイムでは光に照らされた花々が美しく浮かび上がり、会場内は幻想的な雰囲気に。


○アクロス福岡1階アトリウム